ワールドカップ

パラグアイ戦まで60分を切りました。

今日も勝つことを信じて応援します!!


ワールドカップで思うことの一つに、選手の体の強さを感じます。
試合中のラフプレーや接触プレーに対して、痛がらずにすぐプレーを再開する。
痛がっても、すぐにプレーを再開する。
これが世界のプロの姿だと思う。

悲しいかなJリーグでは、こんな光景を見ることはあまりない。
すぐ倒れる。痛がる。いつまでも寝てる。起きない。時間を稼ぐ。担架が来ても乗らずにピッチの外へでる。
見ている方が不愉快になる。

ワールドカップが終わり、
Jリーグの再開後は、この様な光景は決して見たくない。

そう思うのは、私だけだろうか?




スポンサーサイト
  1. 2010/06/29(火) 22:15:05|
  2. 未分類