【2014シーズン 水戸ホーリーホック クラブスローガン】


【2014シーズン 水戸ホーリーホック クラブスローガン】

     「そう」

■説明
今年は水戸ホーリーホック創設20年に当たります。そして午年です。
水戸ホーリーホック20年の歳月を「霜」で、
20年の歴史の積み重ねを「層」で、
20年の節目のスタートはじめを「創」で表現しました。

奈良時代に起こった元服に始まる日本特有の風習である成人の祝い。
成人の門出になる記念すべき年に、ピッチで活力に満ち溢れ勇敢な、男らしい戦い方を「壮」で、
仲間とのコンビネーションプレーやチームワークを「曹」で、
ホーリーホックのチームカラーのブルーを「蒼」で、
勝ったときだけではなく、どんな状況下でもさわやかにプレーする姿を「爽」で、
相手を抜き去りゴール前へ直進する動きや相手の攻撃を防ぐ動きを「走」で、
ピッチに具現されるプレーの彩りを上記のような言葉「そう」で表現しました。

そして何よりも求められる、勝利のメロディが流れる状況を「奏」で、
そして勝利の感動を一人でも多くの人たちに味わっていただきたい、喜びを共有したい
との強い思いから皆様にはスタジアムでお目にかかりたい出会いを「遭」で表現しました。
さらに、英語の「SO」もこれに該当します。
このSOは、とても、非常に、大変などの意味があるように、
今年の『そう』すべてに修飾語として活用されます。

今年も川又 南岳 先生に揮毫いただきました。
ありがとうございました。

川又南岳氏プロフィール
1937年 茨城県塩田村(現・常陸大宮市)生まれ。
1960年 茨城大学教育学部卒。
故・関 南沖氏に師事し、75年に第7回日展初入選。
以後、ドイツ・ハンブルグ国立工芸美術博品館作品買い上げ、
中国・北京市歴史博物館で范有信氏との書画展を開催するなど、国際的評価も高い。
関氏の後を受けて茨城大学教授に就任。2003年退官後も、画家・陶芸家とのコラボレーションを展開。
秋篠宮殿下ご臨席のもとに行われた“まなびピアいばらき”2006開会式では、大筆を用い「夢」を、
2007年1月の自民党の党大会では安部晋三首相と共同で「美しい国、日本」を揮毫するなど多方面で
精力的な活動を続けております。

スポンサーサイト
  1. 2014/01/25(土) 10:10:10|
  2. 未分類