無念の引分け

悔しくてたまりません。

草津戦のゲームでは、勝てた試合を引分けに終わったのは、皆がわかっていたはず。
にもかかわらずこの岐阜戦。3‐1で終わらなくてはいけない試合でした。
相手は、一人少ない10人。
ロスタイムに突入し、もう少し戦い方を考えて欲しかったと誰もが思った。
しかしもう結果は変えられない。
この2試合の事は充分に反省しよう!
さあ次へ切り替えていこう!
俺たちは負けてはいない!

次のアウェー富山戦。2度あることは3度あるとならぬよう、今度こそは、勝ち切ろう!

頼むぜ!!


スポンサーサイト
  1. 2009/04/13(月) 21:57:57|
  2. 未分類