2014シーズン Jリーグクラブライセンス申請について

この度、弊クラブが公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に行った
2014シーズンのJリーグクラブライセンス申請について、下記の通りご報告申し上げます。

日頃より、当クラブに対しまして、ご支援・ご協力を賜り、誠にありがとうございます。
さて、当クラブは、6月末に、2014シーズンJリーグクラブライセンスの申請を行いましたことを
ご報告させていただきます。現在は審査が行われており、9月末に2014シーズンのクラブライセンスが
決定、付与される予定でございます。

皆様もご承知の通り、J1クラブライセンスには、ホームスタジアムの入場可能数が15,000人以上必要です。
しかしながら、当クラブがホームスタジアムとして使用させていただいているケーズデンキスタジアム水戸
の入場可能数は10,136人であり、4,864人足りておりません。
J1昇格を目指しております当クラブとしたしましては、昨年9月にJリーグより2013シーズン
J2クラブライセンスを付与いただいた以降も、J1クラブライセンス獲得に向けて、あらゆる方向から努力を
続けてまいりました。

2011年3月、1000年に一度といわれる東日本大震災に見舞われ、
甚大な被害を受けたホームタウン水戸市も、復旧・復興が最優先の状況下にも関わらず、
当クラブの現状をご理解いただき、最善の策を模索し続けてくださいました。

Jリーグとも、水戸市との協力体制、震災から復興に向けて歩む水戸市と当クラブの状況を説明し、
協議を重ねてまいりました。

結果的には、2014シーズンのクラブライセンス申請においても、現状のケーズデンキスタジアム水戸を
ホームスタジアムとして申請させていただくこととなりました。
伴って、J1クラブライセンスを満たす申請とはなりませんでした。

しかし、今後もホームタウン水戸市と連携をとりながら、1日も早くJ1クラブライセンスが付与されるよう、
精一杯努力を続けてまいります。折しも6月に高橋靖水戸市長が平成25年度第2回水戸市議会定例会
において、第1種公認陸上競技場及びJ1クラブライセンス取得スタジアムとしての整備を第6次総合計画
(平成26年度から平成35年度)に位置付けると答弁いただき、また7月には第6次総合計画・骨子「素案」の
中で10年間の計画期間のうちおおむね前半5年以内に、一定の成果を上げることを目指すといただいて
おります。
 
当クラブといたしましても、引き続き、地域に根差した活動に全力を注ぎながら、毎試合スタジアムに
たくさんのお客様をお迎えし、チーム強化に邁進し、J1昇格するに相応しいクラブ作りを行ってまいります。

どうか皆様もこの現状をご理解いただき、お力をお貸しいただけたらと存じます。
今後とも、更なるご支援・ご協力を賜りますよう、重ねてお願い申し上げます。

(株)フットボールクラブ水戸ホーリーホック
代表取締役社長 沼田 邦郎


http://www.targma.jp/hollyhock/

スポンサーサイト
  1. 2013/07/31(水) 09:34:39|
  2. 未分類